相模台病院


診療科のご案内 > 大腸・肛門外来
大腸・肛門外来

扱う疾患

・大腸(結腸直腸)の腫瘍で悩まれている方

・過敏性大腸など、おなかの悩みがある方

・肛門の調子が悪い方(痔核・痔瘻等)

大腸癌

大腸癌

近年、大腸癌の患者様が増加してきています。治療としては内視鏡的切除から、腹腔鏡下手術・開腹まで、どのような病態にも対応できる体制にあります。 この外来ではできるだけ早期の段階で診断し、体に優しい治療法を目指し、特に直腸癌に関してはTEM等の低侵襲手術を導入しております。

肛門疾患

肛門疾患

ほとんどの痔疾患は便通の調整、薬物療法でよくなります。 外来にて随時肛門鏡による検査を行い、できるだけ外来治療を行っていきます。 脱出する痔核、痔瘻、慢性裂肛、直腸脱の患者様は手術が必要です。

痔には3つのタイプがあります

痔には3つのタイプがあります

(1)痔核

痔の中でももっとも多いタイプです。お尻の血行が悪くなって、血管の一部がこぶ状になったものです。 初期は出血が起こります。一般には、”いぼ痔“ともよばれています。

歯状線より上部(直腸)にできたものを内痔核、下部(肛門)にできたものを外痔核と呼んでいます。

(2)裂肛

肛門の皮膚が切れたり裂けたりして傷がついたもの。強い痛みがあり、血が出ることもあります。

一般には”切れ痔“とも呼ばれています。

(3)痔瘻

肛門のまわりに膿が溜まり、膿が外に流れ出るトンネルができてしまった状態。 発熱や痛みが起こります。 一般には”あな痔“とも呼ばれています。

痔と間違えやすい病気、痔の検査でわかる病気

※直腸癌 肛門癌 直腸炎 直腸脱 大腸ポリープ 肛門周囲湿疹 スキンダック 尖圭コンジローム等が挙げられます。

お尻の症状に、自己判断は禁物。お尻から出血があって、痔だと思って受診したら、癌という例も実際にあるのです。不安を早く取り除く為にも、一度専門医を受診してください。

治療適応と方法については専門医が詳しく説明いたします。

担当医師

医師名 役職 卒業年次 医師資格 得意分野
大谷 剛正 病院長 昭和53年卒 日本外科学会指導医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会認定医
日本大腸肛門病学会指導医
日本がん治療認定医
日本緩和医療学会暫定指導医
消化器全般
特に大腸、直腸
肛門疾患
化学療法、在宅療法
緩和ケア、腹腔鏡下手術

外来担当表

曜日 午前 午後
大谷 剛正
(一般外来+大腸・肛門外来)

※診療科により受付・診療時間が異なる場合があります。

※診療科により完全予約制の場合があります。

※外来診療についての詳細は、下記「外来のご案内」ページよりご確認下さい。

※休診・代診がある場合がありますので、電話または下記「休診・代診表」ページよりご確認下さい。

お問合せ(代表)
046-256-0011